野菜 安全

放射線規制値以下の野菜でも完全に安全とはいえない

東日本大震災以降、広範囲な地域から放射能汚染が報告されています

 

このことは広範囲の土壌が汚染されているといことで、その放射能で汚染された土壌で育てられた野菜には当然放射能汚染があるはずです

 

しかし、政府は規制値が絶対であるかのようにあつかい、規制値以下であれば私たちの食卓へ届け続けている状況です

 

放射線規制値以下の野菜は市場に出回っている

市場に出回っている野菜は500ベクレル以下ということになっています

 

しかし500ベクレル以下といっても汚染は汚染です

 

大人よりも放射線に対して影響を受けやすい子供に汚染された野菜を食べさせたくはありませんね

 

 

放射線に汚染されていない野菜を食べるにはまず、産地を確認して汚染のないと思われる地域、
北海道や名古屋よりも西の地域の産地を選んで購入することがポイントです

 

インターネット通販ではいろいろな地域の野菜を購入することが可能です

 

放射能について自主検査をおこない数値を発表している野菜宅配サービスもあります

 

また個別に注文できるサービスであれば産地を確認したうえで購入することも可能です

 

 

 

独自で放射線測定を実施している野菜宅配サービス一覧

 

Oisix(おいしっくす)

 

らでぃっしゅぼーや

 

無農薬野菜のミレー

 

サミットネットスーパー